メルセデスベンツ修理・車検・メンテナンス整備は専門修理工場のシーバースへ


 Contents
修理ご入庫シュミレーション!
法定点検キャンペーン!
今月の修理キャンペーン!
修理 How to!
自動車保険 How to!
車検 How to!

プロからのアドバイス

 

ご意見はこちらまで・・・

 

モニター修理内容早見表

■ W215(CL500)
 ハイドロオイル漏れ
■ W215(CL500)
 足回り異音修理(事故)
■ W215(CL55)
 ABCシステムの修理
■ W211(E500)
 ミッション不調修理
■ W211(E350T)
 エンジン不調修理
■ W211(E500)
 エンジン不調修理次回掲載
■ W219(CLS55)
 エンジン不調修理
■ W219(CLS55)
 エンジン不調修理
■ W219(CLS500)
 ミッション修理 次回掲載
■ W219(CLS500)
 リフレッシュ修理
■ W219(CLS500)
 エアサス/SBC etc・・修理
■ R129(SL500)
 ソフトトイップオイル漏れ1
■ R129(SL500)
 ソフトトイップオイル漏れ2
■ R129(500SL)
 エンジン不調修理
■ R129(600SL)
 ハイドロサス修理
■ R129(SL500)
 事故板金修理
■ R129(500SL)
 エンジン不調修理
■ R129(500SL)
 足回り異音修理
■ R129(SL500)
 エンジン不調修理次回掲載
■ R230(SL500)
 エンジン不調修理
■ W210(E320)
 エンジン不調修理
■ W210(E320W)
 エンジンリフレッシュ
■ W210(E240)
 エンジンガスケット交換
■ W210(E320)
 エアコン不調修理
■ W210(E240T)
 ミッション不調修理
■ W210(E240T)
 ブレーキ修理
■ W210(E240)
 リフレッシュ修理
■ W164(ML500)
 ブレーキ強化
■ W171(SLK280)
 エンジン不動修理
■ W220(S320)
 エンジンオイル漏れ修理
■ W220(S320)
 エンジンオイル漏れ(事故)
■ W220(S430)
 足回り異音修理
■ W220(S500)
 キャタライザー異音
■ W220(S320)
 エンジン不調
■ W220(S500)
 エアコン不調修理
■ W220(S500L)
 エアサス修理
■ W220(S500)
 エンジン不調修理
■ W220(S600L)
 エンジン不調修理
■ W220(S500)
 雨水浸水の修理
■ W220(S600)
 エンジン不調修理
■ W220(S500)
 雨水浸水の修理
■ W220(S500)
 ブレーキシステム変更修理
■ W220(S600)
 エンジンオイル漏れ修理
■ W220(S500)
 ミッション不調修理
■ W220(S430-4M)
 リフレッシュ重整備
■ W221(S500L)
 エアコン不調修理
■ W221(S550)
 ロッキング不調修理
■ W221(S500L)
 ガラスコーティング
■ W221(S600)
 エンジン修理 次回掲載
■ W221(S550)
 ミッション不調修理
■ W463(G320L)
 エンジン修理
■ W463(G320L)
 オールペン修理(保険扱)
■ W140(S600)
 エンジン不調修理
■ W140(S600L)
 エンジン不調修理
■ W140(S500)
 エアコン修理
■ W140(S320)
 ドア内張り修理
■ W140(S600L)
 エンジンオイル漏れ修理
■ W140(S600L)
 フロント事故修理
■ W140(CL600)
 エンジン不調修理
■ W140(S420)
 ALLリフレッシュ修理
■ W202(C43)
 ミッション不調修理
■ W202(C240)
 エンジン不調修理
■ W203(C200)
 ダッシュ異音フラップ修理
■ W203(C200)
 足回り損傷修理
■ W203(C200)
 ミッション不調修理
■ W203(C320T)
 ナビゲーション取付
■ W203(C200K)
 エンジンチェック点灯修理
■ W203(C55)
 エンジン不調
■ W124(500E)
 内装リフレッシュ
■ W124(260E)
 ミッション修理
■ W124(E280)
 ミッション修理
■ W124(300CE)
 ウィンドウレギュレター修理
■ W124(300CE24V)
 エンジンリフレッシュ修理
■ W124(300CE24V)
 ミッション不調修理
■ W126(300SE)
 ミッション不調修理
■ W126(560SEL)
 ALL リフレッシュ修理
■ W126(300SE)
 エンジン不調修理
■ W209(CLK320)
 ミッション修理
■ W168(A160)
 HID取付け
■ W168(A190)
 ミッション修理
■ W168(A160)
 エンジン修理
■ W168(A160)
 ALL リフレッシュ修理
 
 
 

ご意見はこちらまで・・・

 

 

 

当社ユーザー様の修理内容・費用・使用パーツ等をご紹介するページです。 特にシーバース・スタッフを悩ませたり、楽しませてくれた修理内容を毎月ピックアップして、ご紹介させていただいております。 グレードや排気量により異なりますが、走行距離等車両状態が類似していれば結構修理箇所も一緒なので、是非ご参考にしてみて下さい。(このページは整備スタッフ 佐久間が担当しております。)
 

   1  2  |   3  |  4  |   5  |   6 |  7  |  8 |  9  |  10  | 11  ・・・

 

 
 ■2004年モデル  W220( S500)  ミッション不調修理 
 
東京都在住 匿名希望 様 
2004年 W220(S500) ディーラー車 走行56961Km いままで何の不調も違和感も無い状態のお車が、ある日突然エンジンをかけたら『ヴィ〜ン!』という 、けたたましい金属異音がしたという状況になりディーラーに点検入庫しましたが、\1156577円というミッション交換の見積書を渡されてしまったということで、今回シーバースへご入庫されました。 いきなりの故障でいままでのまめに行ってきた定期点検はいったいなんだったのか・・・?疑問をいたきながらのシーバースへのご入庫でした。

(スタッフレポート)
今回のオーナー様の7速ミッションは、オイルポンプ破損という走行距離からみるとイレギュラーな故障でした。 ですので残念ながら、通常点検では予測出来ない故障だったと思います。このオイルポンプの破損原因は明確な原因が判っておりません が、今の段階ではオイルポンプの製品不良としか言いようが無いのが現状です 。事実オイルポンプのメタルが材質変更されています。今回異音がして少し走行してしまったこともあり、オイルポンプが破損した為発生した金属粉がコンバーターに絡みついていましたが、ギリギリ許容範囲でしたので、コンバーターはオーバーホールにて施工させていただきました。プラネタ リ-ギアの破損のように時間をかけてのものではないので、ソレノイドバルブは通常の汚れ程度で バルブボディ内のミッションコンピューター破損にはいたっておりませんでしたが、念のためオイルシステム洗浄のためだけにある秘密兵器を使用しました。どうしても汚れてしまうオイルラインを電動ポンプを使って強制的に洗浄 液を循環させます。透明なホースを使うことによって洗浄経過 もきちんと確認できます。この洗浄機はベンツスペシャルパーツとして存在するのですが、 容量が少なくてどうしても納得がいかなかったので、 容量の大きなポンプに換装して改造しちゃいました。こちらの修理に関しての明細金額は 料金比較 のページで掲載いたしておりますので是非ご覧下さい。
         
     
  コンバーターの取外は最重要ポイント!  

秘密兵器の洗浄機をinとoutに装着!

 
         
     
 

オイルパンはメタルの粉だらけでした。

 

ここの傷が本体破損の根本原因!

 
         
      明細書拡大 明細書閉じる
拡大表示

拡大表示

拡大表示

  総合請求書

ミッションO/H明細 (1)

ミッションO/H明細 (2)

 

(注)オーナー様個々のお車の状態で、明細内容の変更また部品価格の変動をご考慮の上ご参照ください。

  ミッションオーバーホールの作業風景をYou Tubeへアップしてみました。実際どんな作業をしているか、なかなか見る機会がないと思いますので是非ご覧下さい。
 
(お客様コメント)
走行も5万km、普通に12ケ月点検もきちんと受けていたのに・・・あの日の突然の異音にはビックリさせられちゃいました。たまにウ ェブでメンテナンスのことを気にして見ていましたが、よくある異音や滑りなど全く無かったので他人事で読んでいました。今回スタッフの方の説明を聞いて、しょうがないとは納得しましたが、しかし!少し位予兆というものを感じさせて壊れて欲しかった!というのが本音です。シーバースまでは自宅から ちょっと遠いので、今後も定期メンテナンスはディーラーさんでと思っているので、匿名希望にして下さ 〜い !
 
 ■1991年モデル  W124( 300CE-24V)  ミッション不調修理    
 
東京都在住 榮本克彦 様 
1991年 W124(300CE-24V) ディーラー車 走行191382Km 2年前にシーバースで、エンジン修理をされたお車でしたが、当時からミッション本体よりのオイル漏れがあり、今後どうするか?宿題でしたがとうとうミッション不調になり今回ご入庫されました。悲しいお知らせになりますが、ご本人様は半年前に他界され、現在 お嬢様ご夫妻がご使用になってます。お父様がとても大事にされてたお車なので、もう少し大切な思い出と一緒 にいたいとのご希望で今回修理でご入庫されました。

(スタッフレポート)
今回 の修理をお引き受けするのにあたって、2つのハードルがございましたので、打ち合わせをしながらの修理になりました。1つめは、こちらのお車のミッションは『722501』という5速機械式ミッションで4速から5速を制御するCブロックという部品に大変トラブルが多いタイプのミッションです。同じ機械5速のミッションでも『722503』や『722509』は改善されております。遠方でご使用予定と聞いておりましたので、今後の故障トラブルを回避する為今回5速ミッションから4速ミッションへと変更しました。もちろん、4速ミッションのコアを使用してオーバーホールし、キックダウン配線を加工して装着しました。ただドライ ブシャフトの長さが違うことから、こちらは中古を移植しました。デフのギア比は3.69と3.20の違いでしたので交換はしませんでした。機械4速で、オーバーホールをしてあれば安心して、遠方に送り出すことができるので・・・2つめは、リアクランクからのエンジンオイル漏れでした。2年前にエンジンの修理(ユーザー修理レポートをさせていただきましたが、クランクシール交換時 ケース一体式のものなので、外す際オイルパンパッキンを破損させてしまう可能性がありました。切れた場合アウト なので、これ以上修理代を上げるわけにはいかなかったので費用対効果を考え修理中止しようと思っておりましたが、ラッキーなことに綺麗に外すことが出来ました。この2つのハードルを経て今回修理を完了させていただきました。最後に榮本克彦様のご冥福をお祈りして、このレポート〆させていただきます。
         
     
  点検の基本はやはりリフトUPですね!  

クランクからのオイル漏れは定番!

 
         
     
 

機械式のミッションはこのバンドが命!

 

スプリングは強化されたものに交換!

 
 

明細書拡大 明細書閉じる

拡大表示

拡大表示

総合請求書

ミッションO/H明細

 

(注)オーナー様個々のお車の状態で、明細内容の変更また部品価格の変動をご考慮の上ご参照ください。

 
(お客様コメント)
走行も20万kmの目前の車両なので、修理をするという決断までにかなり迷いがありました。父が2年ほど前にエンジン修理でシーバースにお世話になりましたが、その時からミッションも気にはしていたようなので・・・大切な父の思い出の車を、もうちょっとそばにおいて置きたい気持ちで今回修理に踏み切りました。主人の実家である青森に車を持っていき使用しようと思っています。スタッフの方に、『青森なので暑さで、車の寿命を縮めるリスクは減少されたので冬場の塩害だけは気をつけて下回りを洗ってください。』と言われてますので、そこは十分にメンテして、CE君に青森の空気の綺麗な場所で余生を過 ごしてもらいます。。このCE君の寿命は、HFMの故障が来た時とアドバイスいただいてますので、それまで大切に付き合っていこうと思います。
 ■1995年モデル  R129( SL500)  エンジン不調修理    

 
 ■2006年モデル  W219( CLS500)  消耗部品リフレッシュ車検及び修理
 
東京都在住 伊阪武則 様 
2006年 W219(CLS500) ディーラー車 走行62455Km 今回車検で初めてシーバースにご入庫されました。スタッフがまず一番に気づいたのはパワステポンプからの異音でした。冷寒時は特にパワステポンプからかなり大きい異音が『ブィーン』と出ていました。故障箇所に関して新車から毎日お乗りになっているオーナー様には『慣れ』が、故障対応の壁となったケースです。パワステ異音の修理は下記明細No.7158に詳細明記いたしました。

(スタッフレポート)
CLSの定番中の定番!ウィンドウレギュレターの故障またロックシステム本体の故障(ドアロックがひとりでにカチャカチャ動いてしまう)やブレーキパッド&ローター、エンジンオイル漏れ、パワステ異音、足回り異音など一気に見直しておかなければいけない箇所を全て施工させていただきました。各明細を分けて記載しておきましたので、CLSのオーナー様の今後のメンテナンス計画の雛形としてご参照ください。
         
     
  6万kmを超えると足回りのブッシュ劣化は避けられない交換消耗部品です。  

パワステタンクからのオイル漏れ放置でポンプ破損させた故障連鎖のケース!

 
         
         
      明細書拡大 明細書閉じる

拡大表示

ギョギョッ!』とする金額ですが・・・修理箇所を各部明細にわけて記載いたしました。

総合請求書

拡大表示

拡大表示

拡大表示

  前後ブレーキシステム交換

足回異音リフレッシュ

パワステ 異音故障修理

 
拡大表示

拡大表示

拡大表示

  エンジンオイル漏れ修理

バッテリー等保全修理

ロッキング故障修理

 

(注)オーナー様個々のお車の状態で、明細内容の変更また部品価格の変動をご考慮の上ご参照ください。

 
(お客様コメント)
いままであまり気に入ったベンツに巡り会えず、車検ごとに新車に乗り換えていましたが、このデジーノだけは妙にしっくりして・・車検近くにになり営業マンがいろいろ新車をもってきましたが、乗りかえる気分になりませんでした。シーバースから車検整備の見積りがメールでおくられてきて、金額を見て『ギョギョッ!』としましたが、6年間の消耗箇所がしっかり貯まっているといった感じでした。僕にとって6万kmからは未知の距離数なので、これから何処が壊れるのか・・・シーバースには1年ごとに点検にもっていくので、壊れにくいようにしっかりメンテナンス点検お願いしますね!

     1  2  |   3  |  4  |   5  |   6 |  7  |  8 |  9  |  10  | 11  ・・・

  www.c-birth.co.jp   
All Rights Reserved, Copyright © HIRYU Co.Ltd  

ページトップへ