メルセデスベンツ修理・車検・メンテナンス整備は専門修理工場のシーバースへ


 Contents
修理ご入庫シュミレーション!
法定点検キャンペーン!
今月の修理キャンペーン!
修理 How to!
自動車保険 How to!
車検 How to!

プロからのアドバイス

 

ご意見はこちらまで・・・

 

モニター修理内容早見表

■ W215(CL500)
 ハイドロオイル漏れ
■ W215(CL500)
 足回り異音修理(事故)
■ W215(CL55)
 ABCシステムの修理
■ W211(E500)
 ミッション不調修理
■ W211(E350T)
 エンジン不調修理
■ W211(E500)
 エンジン不調修理次回掲載
■ W219(CLS55)
 エンジン不調修理
■ W219(CLS55)
 エンジン不調修理
■ W219(CLS500)
 ミッション修理 次回掲載
■ W219(CLS500)
 リフレッシュ修理
■ W219(CLS500)
 エアサス/SBC etc・・修理
■ R129(SL500)
 ソフトトイップオイル漏れ1
■ R129(SL500)
 ソフトトイップオイル漏れ2
■ R129(500SL)
 エンジン不調修理
■ R129(600SL)
 ハイドロサス修理
■ R129(SL500)
 事故板金修理
■ R129(500SL)
 エンジン不調修理
■ R129(500SL)
 足回り異音修理
■ R129(SL500)
 エンジン不調修理次回掲載
■ R230(SL500)
 エンジン不調修理
■ W210(E320)
 エンジン不調修理
■ W210(E320W)
 エンジンリフレッシュ
■ W210(E240)
 エンジンガスケット交換
■ W210(E320)
 エアコン不調修理
■ W210(E240T)
 ミッション不調修理
■ W210(E240T)
 ブレーキ修理
■ W210(E240)
 リフレッシュ修理
■ W164(ML500)
 ブレーキ強化
■ W171(SLK280)
 エンジン不動修理
■ W220(S320)
 エンジンオイル漏れ修理
■ W220(S320)
 エンジンオイル漏れ(事故)
■ W220(S430)
 足回り異音修理
■ W220(S500)
 キャタライザー異音
■ W220(S320)
 エンジン不調
■ W220(S500)
 エアコン不調修理
■ W220(S500L)
 エアサス修理
■ W220(S500)
 エンジン不調修理
■ W220(S600L)
 エンジン不調修理
■ W220(S500)
 雨水浸水の修理
■ W220(S600)
 エンジン不調修理
■ W220(S500)
 雨水浸水の修理
■ W220(S500)
 ブレーキシステム変更修理
■ W220(S600)
 エンジンオイル漏れ修理
■ W220(S500)
 ミッション不調修理
■ W220(S430-4M)
 リフレッシュ重整備
■ W221(S500L)
 エアコン不調修理
■ W221(S550)
 ロッキング不調修理
■ W221(S500L)
 ガラスコーティング
■ W221(S600)
 エンジン修理 次回掲載
■ W221(S550)
 ミッション不調修理
■ W463(G320L)
 エンジン修理
■ W463(G320L)
 オールペン修理(保険扱)
■ W140(S600)
 エンジン不調修理
■ W140(S600L)
 エンジン不調修理
■ W140(S500)
 エアコン修理
■ W140(S320)
 ドア内張り修理
■ W140(S600L)
 エンジンオイル漏れ修理
■ W140(S600L)
 フロント事故修理
■ W140(CL600)
 エンジン不調修理
■ W140(S420)
 ALLリフレッシュ修理
■ W202(C43)
 ミッション不調修理
■ W202(C240)
 エンジン不調修理
■ W203(C200)
 ダッシュ異音フラップ修理
■ W203(C200)
 足回り損傷修理
■ W203(C200)
 エンジン不調修理
■ W203(C320T)
 ナビゲーション取付
■ W203(C200K)
 エンジンチェック点灯修理
■ W203(C55)
 エンジン不調
■ W124(500E)
 内装リフレッシュ
■ W124(260E)
 ミッション修理
■ W124(E280)
 ミッション修理
■ W124(300CE)
 ウィンドウレギュレター修理
■ W124(300CE24V)
 エンジンリフレッシュ修理
■ W124(300CE24V)
 ミッション不調修理
■ W126(300SE)
 ミッション不調修理
■ W126(560SEL)
 ALL リフレッシュ修理
■ W126(300SE)
 エンジン不調修理
■ W209(CLK320)
 ミッション修理
■ W168(A160)
 HID取付け
■ W168(A190)
 ミッション修理
■ W168(A160)
 エンジン修理
■ W168(A160)
 ALL リフレッシュ修理
 
 
 

ご意見はこちらまで・・・

 

 

 

当社ユーザー様の修理内容・費用・使用パーツ等をご紹介するページです。 特にシーバース・スタッフを悩ませたり、楽しませてくれた修理内容を毎月ピックアップして、ご紹介させていただいております。 グレードや排気量により異なりますが、走行距離等車両状態が類似していれば結構修理箇所も一緒なので、是非ご参考にしてみて下さい。 (このページは整備スタッフ佐久間が担当しております。)

 

   1  2  |   3  |  4  |   5  |   6 |  7   |  8  |  9  |  10  | 11  ・・・

 ■2001年モデル  W203( C200 ) ミッション不良の修理
茨城県在住 安斉昭二様 
2001年 W203( C200 ) D車 走行51760Km ミッションのオイル漏れが激しく、知らずにそのまま走行してミッションを焼きつかせてしまい今回レッカーでご入庫されました。昨年ご近所のスピード車検屋さんで車検をとったばかりでしたが、車検時にこそ点検すべきところをみておけばこんな状態にならなかったという典型的なケースなので今回ユーザー様のご意向もあり掲載させていただきました。

(スタッフレポート)
今回も残念なことに、早期発見が見過ごされ¥1310円の部品さえ交換しておけばこんなことにならなかったのに〜という典型的なケースでした。通常走行していればミッションは12〜15万キロは軽くもつはずですが、今回のケースのようにオイル漏れを気がつかず残念な結果になってしまいました。ちょうど同じ年式の事故車が入庫したばかりでしたので、中古ミッションののせ換えで今回修理いたしました。昨日今日はじまったミッションオイル漏れを見落とされていたので、総合的な点検もいたしましたところ、やはり足回りスラストアームブッシュが完全に切れていてフレームに傷が入る寸前でした。CクラスはSクラスと違ってスラストアームブッシュ(¥5450×2ケ)が単品で交換出来るので、交換するべきものなのですが・・・ちょっと見づらい場所なので気がつかなかったと思われます。フレーム を削ってからでは大変な金額になってしまいます。車検は合格する為にあるものではなく、ユーザー様が安全に走行が出来る為に受けるものであるということを、点検された業者さんに文句を言いたい気分です。 こんな車検点検ではオーナー様がかわいそう過ぎます。プン!プン!主な工賃 ・部品代 (ミッション一式(中古)¥188.000 EGSカプラー交換(新品)\1.310のせ換え工賃¥78.000)
     

この漏れは普通見逃さないでしょう!

ミッション脱着風景

(お客様コメント)
某買取大手さんから3年前に購入してから故障ばかりで前回はエンジン不調で43万円支払ったばかりで、車検は安いところを・・と選択したのが大きな間違いでした。こんな事ならシーバースにすぐ入れればなーと、後悔しています。(いい勉強?教訓?になりました。)>WEB掲載は、少しばかり恥ずかしいですが実際私もWEBを見て助かった訳ですから・・このようにならないように他のメルセデス・オーナーさん達の参考になればと思います。茨城なのでちょくちょくとはいきませんが、また機会を作ってそちらに遊びに行けたらなーと思います。
 ■2003年モデル  W203( C320T ) ナビゲーションシステムの取り付け修理
東京都在住 江本孟紀様 
2003年 W203( C320T ) D車 走行21760Km もうすぐ地デジ変更なのでこれを期に地デジ対応の新しいナビゲーションシステムに交換する作業をさせていただきました。江本様は 普段Sクラスをご利用で走行をみていただければ判るように、 このCクラスはセカンドカーである為ほとんど使用されておりません。もちろん故障という故障がなく保全メンテナンスでお付き合いさせていただいております。

(スタッフレポート)
正直いってナビゲーションの取り付けは嫌いな作業なのですが、このお車のメンテナンスを担当しているので今回私が施工させていただきました。新車時のオプションナビを 全て取り外しての作業なので配線を手繰っていくのが一苦労!見えない箇所ですがこだわりがあって、『どれだけ配線を綺麗にはわせるか』を追求してしまうので、ほんと我ながらA型の血液型をうらみます。ほとんどお使いになっていないお車なのに江本様も几帳面なのか、1年に一度点検にご入庫されます。シーバースに来て走行を延ばしているとしか思えませんが・・・ でもたまには長距離をのらないと車のコンデションに影響が出てきてしまいますうよ! たとえ走行距離が少なくともメンテナンスとして経年劣化の完全消耗品のリストを作成中ですので、ご参考までに近々アップします。 久々に江本様ご本人がご来店いただいたので、サインをいただいちゃいました。江本様はとてもやさしい方なので今回輸入車専門誌『ジャーマン』で編集記事の取材もあり気軽にインタビューにもお答えいただき取材協力もしていただきました。その模様は詳しく次回ご紹介いたしますね!主な工賃 ・部品代 ( ナビゲーション脱着新品交換一式¥58.000 )
     

(お客様コメント)
セカンドカーとして新車で購入しましたが、体に気を使って最近はあえて近場はウォーキングをしてしまうので、なかなか自分で運転する時がありません。あまりこの車に乗る機会がないのですがCクラスのコンパクトなフォルムがとても気に入っています。
 ■2005年モデル  W219( CLS55AMG ) エンジン不調の修理
東京都在住  林 靖明様 
2005年 W219(CLS55AMG) 並行車 走行40170Km 前からパワー不足が気になって横浜の某チューニングショップで、メインコンピューターの書き換えとインジェクション洗浄を施工してもらった翌日から、黒煙ボウボウ状態で走行出来ない状態になりシーバースにレッカーにてご入庫されました。

(スタッフレポート)
AMGで通常のコンピューターをチューニングしているお車に更にコンピューターチューニングしたというお車は初めてでした。コンピューターが書き換えられているので、通常の測定では判断しかねる場面が多く結局燃圧を計ったりと、かなりアナログ作業で原因の特定に不安と手間がかかってしまいました。この年式はインジェクター不良のケースが多いのですが、メインコンピューターの故障も考えられた為、直るまでチョット!はらはらでした。ECUの書き換えで等で46万円をお支払いになっているようですがAMGのパワーにさらにパワーアップをほどこしたいというメルセデスオーナー様の感性には、一般庶民の私には頭が下がる思いです。主な工賃 ・部品代 (インジェクター(新品)¥26.000×8 交換工賃¥22.000) PS.納車時ウッカリしてオーナー様との記念撮影するの忘れてましたので、1枚目は入庫時の画像を使用しました。
     

エンジン内はギッチリと詰まってます

今回の原因だったインジェクター

(お客様コメント)
メルセデス・ベンツは日本車と比べるとあれだけの車両金額のわりには機能的信頼性が低いと思いますが、それでも高級イメージが定着しているせいか乗り換え時またベンツを購入しちゃってます。日本車の場合ドレスアップをしてもどうもイメージが安っぽく感じるんですが、不思議とベンツの場合は安っぽくならないというイメージがあります。けれど、ある程度の消耗品交換と故障率の高さを覚悟しないと乗れない車かと思います。今回不具合が出て、たまたまホームページをみてシーバースに修理を依頼しましたが、的確な判断と親身な姿勢に魅力を感じました。ドレスアップ等が好きで、ましてメイン・コンピューターまでチューンアップしているので、ディーラーに行き辛くて・・・シーバースがあれば、これからは大丈夫!何かあったらすぐに電話しますから相談にのってくださいね!
 ■1998年モデル  W202( C43 ) ミッション不調修理 
東京都在住 松島裕子様
1998年 W202( C43 ) 並行車 走行72126Km 突然ミッションから『ガラガラ』という異音がしたそうですが、高速道路上だったのでそのまま走行してしまいご自宅に到着して『ほっ!』としたのもつかの間、ミッションがつながらなくなってしまったということで、今回初めてシーバースにご入庫されました。他の工場でザックリ60〜80万円という見積りが出ておりました。

(スタッフレポート)
この年式の電気式5速ミッションはシャフトのジョイントブッシュが鉄でできている為、破損時にはかなりのダメージがおこります。なぜ?このジョイント部分を(国産車では当たり前)のことを最初からベアリングにしなかったのかは疑問です。今回異音がしてから走行してしまいミッション内部の破損が激しかったので、中古ミッションを使用してオーバーホールさせていただきました。救いだったのはミッションのEGSコントロールユニット(¥198700円)が無事だったことでした。せっかく高額なミッションをされるということなので、エンジンとミッションのバランスをとるために総リフレッシュといった修理をさせていただきました。詳しくは下記明細書をご参照ください。主な工賃 ・部品代(中古ミッション ¥80.000 中古ミッションオイルクーラー ¥12.800 ガスケット/タッペットカバーパッキン一式新品 ¥71.970 ミッションオーバーホール工賃¥150.000 トルクコンバーターオーバーホール工賃¥55.000)
     
ミッション内部は鉄粉が散乱状態でした ミッションも中古と新品を組み合わせて
     
触媒から鉄粉がごっそり出てきました! ウォーターポンプの傷が異音の原因!

明細書拡大 明細書閉じる

  拡大表示 拡大表示 拡大表示  
  ミッションO/H請求書 オーバーホール明細 その他修理請求書  
         

(注)オーナー様個々のお車の状態で、明細内容の変更また部品価格の変動をご考慮の上ご参照ください。

(お客様コメント)
このモデルで4300ccの排気量はスピード体感満足度100%のベンツで私も主人も大変気に入って乗っています。AMGなので普段からオイル等も最高級のものを入れてメンテナンスしていたのですが、やはり機械ものですね!経年劣化には勝てませんでした。ミッションが突然『ガラガラガラ』異音をたてた時はさすがにビックリしましたが、スタッフの方から部品イラストと内部画像を見ながらミッション内部の構成部品の説明をうけ今回の故障状況と内部破損の状態を理解しました。これほど大掛かり修理をしたのは初めてだったのですが、これを期にエンジンの気になる箇所を 一緒に修理してもらいましたのでしばらくは安心してこの車と付き合いをしていこうと思っています。
 ■1996年モデル  W463( G320L ) エンジン不調の修理
和歌山県在住 古久保寿樹様 
1996年 W463(G320L) D車 走行142505Km オーバーヒートをおこしてディーラーで見積りを出したところ、とりあえずシリンダーヘットガスケット交換とラジエター、ヒーターユニット交換で¥988.876円の見積りが出ていました。この『とりあえず、ヘットから・・』というディーラーの言葉に不安をいだかれ和歌山県白浜からの陸送を使ってのご入庫でした。14万kmという走行距離から修理方法を変更して、リフレッシュを兼ねて修理施工させていただきました。
   
(スタッフレポート)
久々にGクラスの手ごわい敵でしたね・・・さすが!軍用車です。特に足回りは固着していたので翌日腰が痛くなってしまいました。ゲレンデを作業していると自衛隊にいる気分です。(入隊したことはないけれど・・・)オーバーヒートに関して、ちょっとディーラーの修理方法には最後まで疑問が残りました。新車乗り換えを薦められたたそうですが・・その為の見積りだったとしか考えられません! 残念ながらエンジン本体は最悪状態でしたので、14万kmという走行距離からみてヘッドのオーバーホールだけでは不安が残る為、走行5万km台W210(E320)のエンジンをリフレッシュして交換しました。ウォーターラインもかなり汚れていましたがアッシットパウダーにて念入りに洗浄し、復活させ不必要な部品交換を回避できたことが不幸中の幸いでした。2年前にミッションのオーバーホールを他社工場で施工されたとのことでしたが、オーバーホール時にフロントシールが交換されておらずミッションのオイル漏れが同時に発見されたので、ついでにミッションも下ろして交換しちゃいました。もう!仕事増やすんだから・・・和歌山のオーナー様でメンテナンスする工場が無いと言う話を聞かされ、穴が開くほど念入りに点検しましたが欲を言えばキリがないので・・・このくらいで今回はおひらきにさせていただきました。『10万キロリフレッシュ・キャンペーン』というページ に修理明細書がアップされておりますので、修理内容の詳細はそちらのページをご欄ください。主な工賃 ・部品代 (中古エンジン ¥320.000 ガスケット/タッペットカバーパッキン一式新品 ¥53.390 交換工賃¥158.000)  
     

中古エンジンもきちんとメンテナンス!

エンジン脱着風景

アッシットパウダーですっかり綺麗に!

最後にきてエキマニの裏に亀裂発見!

(お客様コメント)
地方なので専門ショップというものがなく、なかなかメンテナンスが出来ないのが現状です。そのせいかオーバーヒートで最悪の状態になって初めてメンテナンスの大切さが痛いほど判りました。ディーラーの見積りを見てビックリして、ネットでシーバースを知り修理してもらうことにしましたが、やはり最初は始めてのお店 で、まして東京ということで不安が一杯でした。でしたが・・正確な故障箇所を指摘し、なるべくコストをかけないで修理をするといった営業姿勢に安心して任せられるようになりました。 エンジンのせかえで若返ったことと10月に車検を控えているので、足回り・ウィーターライン・マフラーetc・・総点検をしてもらいました。ディーラーではヘットのガスケット交換とラジエター交換、ヒーターユニット、エンジンハーネスetc・・見積りにあがっていましたが、結局ラジエター、ヒーターユニットは洗浄で復活し、エンジンハーネスは修理で直ってしまいました。あの見積りはいったいなんだったんでしょうか??誰でもそうかと思いますが、まがい物やごまかし商法に敏感になるのは現在の景気上当たり前ですが、いくら世の中が不景気だとしても納得できて実りのあるものに対しては消費者は消費をするのものです。白浜はスタッフの方が思うほど遠くないんですよ!これからは2年に一度の車検はドライブしながら東京に 行きますね!

   1  2  |   3  |  4  |   5  |   6 |  7   |  8  |  9  |  10   | 11  ・・・

  www.c-birth.co.jp   
All Rights Reserved, Copyright © HIRYU Co.Ltd  

ページトップへ