メルセデスベンツ修理・車検・メンテナンス整備は専門修理工場のシーバースへ


 Contents
修理ご入庫シュミレーション!
法定点検キャンペーン!
今月の修理キャンペーン!
修理 How to!
自動車保険 How to!
車検 How to!

プロからのアドバイス

 

ご意見はこちらまで・・・

 

モニター修理内容早見表

■ W215(CL500)
 ハイドロオイル漏れ
■ W215(CL500)
 足回り異音修理(事故)
■ W215(CL55)
 ABCシステムの修理
■ W211(E500)
 ミッション不調修理
■ W211(E350T)
 エンジン不調修理
■ W211(E500)
 エンジン不調修理次回掲載
■ W219(CLS55)
 エンジン不調修理
■ W219(CLS55)
 エンジン不調修理
■ W219(CLS500)
 ミッション修理 次回掲載
■ W219(CLS500)
 リフレッシュ修理
■ W219(CLS500)
 エアサス/SBC etc・・修理
■ R129(SL500)
 ソフトトイップオイル漏れ1
■ R129(SL500)
 ソフトトイップオイル漏れ2
■ R129(500SL)
 エンジン不調修理
■ R129(600SL)
 ハイドロサス修理
■ R129(SL500)
 事故板金修理
■ R129(500SL)
 エンジン不調修理
■ R129(500SL)
 足回り異音修理
■ R129(SL500)
 エンジン不調修理次回掲載
■ R230(SL500)
 エンジン不調修理
■ W210(E320)
 エンジン不調修理
■ W210(E320W)
 エンジンリフレッシュ
■ W210(E240)
 エンジンガスケット交換
■ W210(E320)
 エアコン不調修理
■ W210(E240T)
 ミッション不調修理
■ W210(E240T)
 ブレーキ修理
■ W210(E240)
 リフレッシュ修理
■ W164(ML500)
 ブレーキ強化
■ W171(SLK280)
 エンジン不動修理
■ W220(S320)
 エンジンオイル漏れ修理
■ W220(S320)
 エンジンオイル漏れ(事故)
■ W220(S430)
 足回り異音修理
■ W220(S500)
 キャタライザー異音
■ W220(S320)
 エンジン不調
■ W220(S500)
 エアコン不調修理
■ W220(S500L)
 エアサス修理
■ W220(S500)
 エンジン不調修理
■ W220(S600L)
 エンジン不調修理
■ W220(S500)
 雨水浸水の修理
■ W220(S600)
 エンジン不調修理
■ W220(S500)
 雨水浸水の修理
■ W220(S500)
 ブレーキシステム変更修理
■ W220(S600)
 エンジンオイル漏れ修理
■ W220(S500)
 ミッション不調修理
■ W220(S430-4M)
 リフレッシュ重整備
■ W221(S500L)
 エアコン不調修理
■ W221(S550)
 ロッキング不調修理
■ W221(S500L)
 ガラスコーティング
■ W221(S600)
 エンジン修理 次回掲載
■ W221(S550)
 ミッション不調修理
■ W463(G320L)
 エンジン修理
■ W463(G320L)
 オールペン修理(保険)
■ W140(S600)
 エンジン不調修理
■ W140(S600L)
 エンジン不調修理
■ W140(S500)
 エアコン修理
■ W140(S320)
 ドア内張り修理
■ W140(S600L)
 エンジンオイル漏れ修理
■ W140(S600L)
 フロント事故修理
■ W140(CL600)
 エンジン不調修理
■ W140(S420)
 ALLリフレッシュ修理
■ W202(C43)
 ミッション不調修理
■ W202(C240)
 エンジン不調修理
■ W203(C200)
 ダッシュ異音フラップ修理
■ W203(C200)
 足回り損傷修理
■ W203(C200)
 ミッション不調修理
■ W203(C320T)
 ナビゲーション取付
■ W203(C200K)
 エンジンチェック点灯修理
■ W203(C55)
 エンジン不調
■ W124(500E)
 内装リフレッシュ
■ W124(260E)
 ミッション修理
■ W124(E280)
 ミッション修理
■ W124(300CE)
 ウィンドウレギュレター修理
■ W124(300CE24V)
 エンジンリフレッシュ修理
■ W124(300CE24V)
 ミッション不調修理
■ W126(300SE)
 ミッション不調修理
■ W126(560SEL)
 ALL リフレッシュ修理
■ W126(300SE)
 エンジン不調修理
■ W209(CLK320)
 ミッション修理
■ W168(A160)
 HID取付け
■ W168(A190)
 ミッション修理
■ W168(A160)
 エンジン修理
■ W168(A160)
 ALL リフレッシュ修理
 
 
 

ご意見はこちらまで・・・

 

 

 

当社ユーザー様の修理内容・費用・使用パーツ等をご紹介するページです。 特にシーバース・スタッフを悩ませたり、楽しませてくれた修理内容を毎月ピックアップして、ご紹介させていただいております。 グレードや排気量により異なりますが、走行距離等車両状態が類似していれば結構修理箇所も一緒なので、是非ご参考にしてみて下さい。(このページは整備スタッフ 深山が担当しております。)
 

   1  2  |   3  |  4  |   5  |   6 |  7  |  8  |  9  |  10  | 11  ・・・

 
  
 ■2002年モデル  W220( S600)  エンジン&ABC修理 
 
東京都在住 高橋直史様
2002年 W220(S600) ディーラー車 走行88580Km リアバンパーが真っ黒になってしまうほど、マフラーからエンジンオイルと不完全燃焼のカーボンが出てしまったということでシーバースに入庫されました。定番のABCシステム 不良で車台が傾きABC不良のメーター点灯も一緒にとのご依頼でした。

 

(スタッフレポート)
今回の新規オーナー様は『某中古屋さんよりの購入直後&エンジン&ABC』トリプル問題のスタートで、暗雲 たちこめる修理の始まりでした。走行8万km台の600で、購入したてということもあり、全体的に点検をしましたが、残念なことに販売店の『タチの悪さ』に驚かされました。ごまかして納車しても、乗 っていれば気づくことなのですから、こんなに素敵なオーナー様を失うのは販売店の大損失と思いますが・・・いつもの感想はここまでとして、今回オイル漏れの処置のタイミングが ギリギリセーフで、カムホルダーの粉砕までの状況までいっていなかったことと、ABCシステムのオイル漏れがなかったのでフィルタリングを2回施工したことによってバルブの詰まりがとれたのか、復活してくれたのが不幸中の幸いでした。 エンジン系はセパレーター修理の他にタイトナープーリー、シェイププーリー、エンジンマウント、ミッションマウント等新品部品で交換し、高額な左バンクのイグニッションモジュールは中古パーツを使用して修理しました。エンジン関連は2度手間になってしまう恐れがあることから社外部品、OEM部品は使用しないようにしています。修理内容が多いので詳しくは下記明細書 をオーナー様のご了解のもと掲載いたしましたのでご参照ください。
         
     
  外装と機関のアンバランスは最大問題   がっつりエンジンオイルが漏れていました  
     
 

カムホルダーが割れていないことが不幸中の幸いでした。

 

オイルセパレターの交換は最後まで気が抜けない作業のひとつです。

 
         
  拡大表示

拡大表示

拡大表示

 
  総合請求書

エンジン部分明細

エンジン部分明細

 
         
  拡大表示

拡大表示

  明細書拡大 明細書閉じる
   
 

(注)オーナー様個々のお車の状態で、明細内容の変更また部品価格の変動をご考慮の上ご参照ください。

  その他補器類明細

ABC修理明細

   
         
(お客様コメント)
ネットを見ていて『S600』は、W140の時代もW220になっても危険!というのは理解していましたが、内装の高級感と馬力の魅力に負けて購入してしまいました。パワーがあるので走行中は不具合を感じていなかったのですが、リアバンパーが異常に汚れていると購入時から思っていました。と思っているうちにエンジンオイルの異常な減りかたに心配になってシーバースに依頼しました。エンジンとABCシステムのW修理だったので、いったい幾らかかるのか?覚悟はしていましたが・・・今回シーバースでエンジンを中心にリフレッシュしてもらったので、ABCが壊れないことを祈りつつこのベンツくんと付き合っていこうと思っています。
  
   
 ■1996年モデル  W463( G320L ) オールペン修理(車両保険扱い)
和歌山県在住 古久保寿樹様 
1996年 W463(G320L) D車 走行146201Km 前回せっかくエンジン修理でご納車したばかりだったのですが、 残念な事にせっかく綺麗なお車が、10月の大型台風によって車両全体にかなりのダメージを受けてしまいました。今回はオーナー様の車両保険を適用し 、板金ペイント修理をさせていただきました。

 

(スタッフレポート)
前回ご出庫した姿は跡形もなく、無残な状態で再度入庫されました。車両保険扱いで作業させていただいたのですが、保険会社さんとの交渉が非常に困難でした。台風での傷か?以前についた経年劣化によっての傷か?が今回の保険会社さんとの争点となりました。どうしても左フロントのドアの傷だけは認めてもらえませんでしたが、モールを外すと再利用が出来ない為全て交換で認めていただいたのがラッキー!でした 。十分に納得できる仕上がりになりましたが、自費で同じ工程での作業は、もう一台車が買えちゃう位でご負担が大きすぎて絶対お薦めはしておりませんが・・・板金ペイント作業は手間のかけかたと材料ので仕上がりが全く違ってくるのは、料理と一緒ですよね!
     
         
     
         
     
         
     
         
         
  拡大表示 拡大表示 拡大表示  
  フロントまわり フロント&ドア リア  
  拡大表示 拡大表示

明細書拡大 明細書閉じる

  リアゲート 総合請求書    
 

(注)オーナー様個々のお車の状態で、明細内容の変更また部品価格の変動をご考慮の上ご参照ください。

(お客様コメント)
10年以上保険料金を払って、内容を把握していませんでした。事故で車両保険を使うというのは勿論理解していましたが、台風が対象になるとは思ってませんでした。スタッフの方に言われなければ気づかなかったと思います。私のG君はちょっと年をとっているので経年劣化と台風損害の線引きが難しいので、保険会社さんとシーバースさんの交渉が大変だったようで・・・明細金額をみて高い車に乗ってるんだな〜って再認識してしましました。今、傷一つ無い『ピッカピカ!』の状態になったので、また台風の被害にあわないように車庫は屋内保管にしま〜す。
 ■2007年モデル  W221( S600)  エンジン不調修理    

 ■1991年モデル  W124( 300CE-24V)  エンジン不調リフレッシュ修理    
東京都在住 榮本克彦様
1991年 W124(300CE-24V) ディーラー車 走行187069Km エンジンオイル漏れがあることは1年ほど前から判っておりましたが、走行20万Kmを目前に他の補器類とのバランスを考え修理内容を模索しておりました。そろそろエンジンの圧縮率も低くなって限界にきてましたので今回オーナー様のご希望もありエンジンのせかえでリフレッシュしてみましたが・・・

(スタッフレポート)
いままで、ディーラー整備をされていたこともあり、ウォーターポンプ、コイル、ホール等は交換してありましたが、さすがに64万円もするエンジンハーネスは交換した様子はありませんでした。左上の画像をみていただくと判るように、エンジのコーキングが施工されていることからエンジンのヘッドのオイル漏れ修理をしていることはわかりましたが、18万kmという走行距離ですのでコストパフォーマンス的にどうかな〜って感じです。シーバースでは走行の少ないエンジンをコアにしてのせかえ、リフレッシュしてみました。ただいつもと違ってエンジンハーネスが肝で、通常でしたら10万円位なので勿論新品にて交換するのですが、64万円もするのならば、ハーネスの束をばらして一本一本修理していくしかないでしょ!特に24Vはハーネスがあちらこちらをまわっているので、エンジンをおろしてはじめて出来る作業かと思います。いままで、劣化部分を壊さないように、恐る恐る修理をしていましたが、これで今度から思いっきり触らせてもらえストレス解消しました。詳細は『10万Kmリフレッシュ・キャンペーン』をご覧下さい。
     
費用対効果が修理重要ポイント! 普段さわらない箇所もついでに・・・
     
エンジンを下ろしてすっきりしたところで初めて施工出来る箇所があるんです 今回走行7万kmのエンジンをコアにヘッドをオーバーホール修理しました
(お客様コメント)
月日が経つのは早く、考えると新車からもう20年この車とつきあってるんですね〜!あちらこちらガタはきているので上手にメンテナンスしながらもう少し乗ってみようと思います。2年前からシーバースでメンテナンスしているのですが、いつも修理期間がかかるような 〜って気がしていたので、今回工場見学がてら手術内容をみせてもらいました。暖房をかけながらエンジンハーネスを修理をしているメカニックさんを見て、『こりゃ!時間かかるわ〜!』って判りました。私も技術職の仕事をしておりましたので、畑は違いますが工場を見に行ってかなり楽しませてもらいました。記念撮影と言われましたがもう10歳若かったら・・・今回はベンツ君だけの撮影にしてもらいます。
 ■2006年モデル  W221( S550)  ミッション不調オーバーホール修理   
東京都在住 佐山サトル様
2006年 W221(S550) D車 走行78556Km 再びの登場です!メンテナンス会員の初代タイガーマスクの佐山様は、 お知り合いからS550を購入されたのですが、3ケ月でミッション不調という不運に巻き込まれてしまいました。3ケ月前に点検整備でご入庫された 時、ミッションのバルブボディに気になるメモリーがはいっていたのが・・・現実になってしまいました。

(スタッフレポート)
3ケ月前購入したばかりというので、点検でご入庫された時にミッショントラブルコードがはいっていたので、グリコーゲンテストをして、LLC混入がなかったのでバルブボデイを分解清掃しミッションオイルを交換しておきましたが、鉄粉の量が多かったので、ミッション内部の損傷は予想していましたがあまりにも早かったのでビックリしました。この7速ミッションはミッション内部のプラネタリーギア(遊星ギア)のシムが鉄で出来ているのが問題かとは思います。シーバースではオーバーホール時このシムを銅合金で作成しなおして取り付けしています。銅合金で作成したシムは企業秘密ですが・・・3ケ月前にバルブボディを分解していたおかげで、今回電気的なトラブルは排除されていたのでバルブボデイ内のコンピューター破損をまぬがれました。このコンピューターが破損した場合、車台番号入力の部品の為本国ドイツオーダーで¥278000円もしてしまうので・・・どれもこれも部品が高くて修理しているほうも嫌になってしまいます。シーバースではミッションオーバーホールの際内部部品は全てメルセデス純正部品を使用しておこなっておりますので安心していただけると思います。7速ミッションは特に標準オーバーホールキットというものが存在しておりませんので、内部部品明細は下記の明細書に表示いたしました。一般のユーザー様にはここまでの内容は必要はないかと思いますが、これから7速ミッションをオーバーホールしようとされている業者様には 、参考となるかと思いますので是非部品明細をご参照ください。また、プラネタリーギアは分解加工で¥36800円で販売いたしますのでご相談ください。 あっ!営業しちゃった・・・
     

ミッション脱着風景

オイルパンにはがっつり鉄粉が・・・

     

再使用可能な部分は丁寧に洗浄!

30個以上のバルブを全て確認!

     
今回この傷つきがトラブルの原因となっていました。 プラネタリーギアはシーバース独自で作成した銅合金を使用して強化!
         
   

明細書拡大 明細書閉じる

  拡大表示 拡大表示 拡大表示  

 

ミッション修理明細 O/H部品明細(1)

O/H部品明細(2)

 
         

(注)オーナー様個々のお車の状態で、明細内容の変更また部品価格の変動をご考慮の上ご参照ください。

  ミッションオーバーホールの作業風景をYou Tubeへアップしてみました。実際どんな作業をしているか、なかなか見る機会がないと思いますので、是非ご覧下さい。
(お客様コメント)
  何で僕はハズレの車ばっかり買っちゃうのかな〜?1年前にW220の600のエンジンをシーバースで修理したばかりで、今度はW221のミッションが調子が悪いというのも相談しづらくっ なっちゃって近所のディーラーにいれたら、ミッション交換の見積りが出てそれが、一枚の見積書に普通に138万円って書いてあるから驚いちゃったよ!!今回バルブボディが復活してくれたので内心ホットしました。『バルブボディ』何てすぐに言えるなんて本当!最近ベンツに詳しくなったな〜
 PS:ミッションオーバーホールはシーバースのキャンペーンで安く済んだけど、ホームページあのイラストは違うんじゃないかな?

   1  2  |   3  |  4  |   5  |   6 |   7  |  8  |  9  |  10  | 11  ・・・

  www.c-birth.co.jp   
All Rights Reserved, Copyright © HIRYU Co.Ltd  

ページトップへ